熊野新宮の伝統の火祭り お燈まつりガイド

お燈まつり(おとうまつり。お燈祭り、御燈祭、御灯祭、お灯祭とも表記される)は、和歌山県指定無形民俗文化財に指定されている、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部である神倉神社で毎年2月6日に行われる勇壮な火祭りです。

白装束に荒縄を締めた約2000人の「上り子(のぼりこ)」と呼ばれる男子が御神火を移した松明を持ち、神倉山の山頂から538段の急峻な石段を駆け下ります。

お祭りに参加する「上り子」は、地元の人だけでなく、県外の方や観光客の方でも参加できるのが特徴ですが、女人禁制ですので女性は上り子としては参加できません(駆け下りてくるところを麓の沿道で見ることは可です)。

テレビや雑誌で見かける有名人もときどき参加されていて、かつて俳優の原田芳雄さんが新宮市出身の芥川賞作家・中上健次さんとの親交もあり、毎年のように登られていたのは有名な話です。

また、映画化もされた少女マンガ「溺れるナイフ」で出てくる喧嘩火付け祭りのモデルになっています。

現地受取も可能!装束やたいまつなどが購入できるお燈まつりショップのページはコチラ>>

新宮市の婚活・結婚相談所ワイズデイジー

[南紀・熊野の特産品・お土産] 南紀熊野ええもん市場でもっと見る>>

ページトップに戻る