南紀熊野日帰り温泉ガイド
本宮、那智勝浦、串本、白浜、熊野などの南紀・熊野エリアで日帰り入浴ができる温泉を探せます。

ピックアップ日帰り温泉・立ち寄り湯

  • 熊野詣の湯垢離場として利用されてきた日本最古の湯と伝えられ、世界遺産に登録されています。
    天然の自然石をくりぬいた風趣満点の湯船で、硫黄のいい香りとなめらかな泉質を持ち、1日に7回も色が変わる神秘的な湯の様は、温泉フリークに絶大な人気を誇っています。

  • 西日本最大の大きさで知られる天然温泉厳選かけ流しの大露天風呂。
    美人湯として名高い良質の温泉で、「美人の湯」といわれる炭酸水素泉特有の清涼感が心地よい気分を高め、雄大な景観が楽しめます。
    その他に、家族専用貸切露天風呂も利用できます。

  • テニスコートなどのスポーツ施設や研修室、宿泊館などを備える目的施設にある温泉です。
    岩組みされた露天風呂は、紀伊半島では珍しい少し青みがかった乳白色の湯で、ゲルマニウムを含む湯はクリーミーな肌ざわりで快適です。

  • 勝浦湾に浮かぶ島にある「ホテル中の島」内にある島の温泉。
    作家の藤本義一が命名した風光明媚な露天風呂は、目の前まで波が押し寄せる海に面した源泉掛け流しの100%の天然温泉です。

  • 元・宮様の別邸跡地に建てられた「ホテルなぎさや」の源泉100%かけ流しの露天風呂。
    入江に面した岩組みの温泉は、手が届きそうなほど海が間近な絶景のロケーションで、美肌効果があると評判の湯です。

  • 食事処や体験工房、宿泊棟なども併設された「里創人 熊野倶楽部」内にある温泉施設。
    内湯は湯量豊富な名泉の運び湯を使用し、露天風呂では蜜柑の湯や杉の湯など、豊かな香りが楽しめる季節の変わり湯が用意されています。
    ※露天風呂のお湯は温泉ではありません。

[南紀・熊野の特産品・お土産] 南紀熊野ええもん市場でもっと見る>>

ページトップに戻る