本宮・川湯・湯の峰・渡瀬エリア

わたらせ温泉

露天風呂あり
住所
和歌山県田辺市本宮町渡瀬45−1[→地図]

最終更新日:2014年12月09日

写真提供元:わたらせ温泉

ご注意:
掲載の情報は当サイトが独自に収集したものとなり、正確性、完全性などを保証するものではありません。そのため、ご利用の際は必ず事前に各施設にご確認ください。情報に誤りを発見された場合は、お手数ですが問合せフォームからご連絡ください。

わたらせ温泉の写真1

  • わたらせ温泉の写真2
  • わたらせ温泉の写真3

西日本最大の大きさで知られる天然温泉厳選かけ流しの大露天風呂。
美人湯として名高い良質の温泉で、「美人の湯」といわれる炭酸水素泉特有の清涼感が心地よい気分を高め、雄大な景観が楽しめます。
その他に、家族専用貸切露天風呂も利用できます。

入浴料金

■大露天風呂
大人700円、小人300円

■家族専用貸切露天風呂
大人1500円、小人600円

営業時間

■大露天風呂
6〜22時

■家族専用貸切露天風呂
8〜19時

定休日

なし

新宮市の婚活・結婚相談所ワイズデイジー

渡瀬温泉の魅力

渡瀬(わたぜ)温泉は、奈良・三重との県境に近い和歌山県南東部の山間にあり、最も歴史が古い「湯の峰温泉」と川底から湯が湧くことで知られる「川湯温泉」と共に、本宮温泉郷を構成する温泉地の一つです。

世界遺産になった熊野の深山の眺めが堪能できる四村川のほとりに開発された比較的新しい温泉で、湯の峰温泉と川湯温泉の中間に位置しています。

西日本最大級の大きさを誇る露天風呂と、日本屈指の家族専用貸し切り露天風呂が全国的に有名です。

本宮温泉郷を構成する温泉地の一つ「渡瀬(わたぜ)温泉」

周辺にはバンガローやキャンプ場を始めレジャー施設が充実しており、森林浴や自然散策、釣りなどが楽しめるアウトドアの拠点としても若者を中心に人気が高まっています。

温泉の泉質は「美人の湯」といわれるナトリウム-炭酸水素塩泉(重曹泉)で、神経疾患や創傷などに効能があります。

さらに飲用効果としては消化器疾患や糖尿病などに効能があるといわれており、土産物屋で販売されています。

美人の湯といわれるナトリウム泉質です

また、「わたらせ温泉」としてその名を知られていますが、地名は「わたぜ」と読むことは意外と知られておらず、豆知識の1つとなっています。

湯の峰温泉・川湯温泉と共に国民保養温泉地に指定されており、一年を通じて多くの観光客が訪れています。

多くの観光客が訪れる土産物コーナーもあります

西日本最大級の大露天風呂

宿泊客だけでなく、日帰り入浴も多い渡瀬温泉。

世界遺産である熊野古道を歩いた後や、清流に囲まれた大自然でアウトドアを楽しんだ後、大露天風呂で湯船の大岩にもたれ湯煙がぼんやりと立つなか星空を見上げるのは、何物にも代えがたいリフレッシュタイムです。

炭酸水素泉特有の清涼感が心地よい気分をさらに高めてくれます。

「西日本最大の露天風呂」はよく見ると湯船が五つに区切られており、それぞれ少しずつ温度を変えてあるのがポイントです。

一番熱いのが「一の湯」である内湯で、普通の温度が一番大きい露天風呂「二の湯」と普通サイズの「三の湯」「四の湯」で、一番ぬるめなのが「五の湯」で長湯用になっています。

湯船によって無色透明の湯もあれば黄緑色に濁った湯もある様に、異なる湯の色を見比べるのも楽しみの一つです。

西日本最大級の露天風呂

また、家族用貸切露天風呂が4か所もあり、家族団らんの場として好評を博しています。

併設する3軒のホテル「ホテルささゆり」「ホテルやまゆり」「ホテルひめゆり」に宿泊される方は無料で使用可能なのも大きな特徴です。

雄大な景観と自然の風に身をゆだねながら、生命の息吹を感じることのできる湯の様を堪能してください。

家族用貸切露天風呂「ささゆり」

詳細情報

名称
わたらせ温泉
所在地
〒647−1733
和歌山県田辺市本宮町渡瀬45−1 →地図
交通アクセス
JR・紀伊田辺駅から龍神バス本宮大社前行きで1時間30分、JR・新宮駅から熊野交通バス本宮大社前行きで1時間、渡瀬温泉下車徒歩5
電話番号
0735-42-1185
駐車場
200台(無料)
参考URL
http://www.watarase-onsen.jp/

わたらせ温泉

〒647−1733
和歌山県田辺市本宮町渡瀬45−1

大きい地図を見る(Googleマップ)

[南紀・熊野の特産品・お土産] 南紀熊野ええもん市場でもっと見る>>

施設の関係者の方へ
よりアピールするために、温泉の写真や紹介文を掲載しませんか?掲載をご希望の場合、問合せフォームからご連絡ください。

ページトップに戻る